--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2010.12.12

★ブレンボクラッチマスター交換

DSCF4335.jpg

はあい、とうとう付いちゃいました。クラッチマスターです。
いつものショップに無理言ってつけていただきました。ていうかバイクを取りにまで来て頂いてます。

DSCF4341.jpg

今回も一番のお気に入りは、やはりこのオリジナルタンクステーです。
決して目立ったものではないのですが、この機能美に小生イチコロです。
DSCF4342.jpg




では、少しだけですがインプレです。
第一印象、軽くなりました。乗り出した瞬間、「おっ」と思うくらい軽いです。実際どのくらい軽くなったのかは計っていないので何とも言えませんが、他のレビューには25%軽減とか謳われています。まんざら嘘ではなかったです。たとえるならば、ADSLから光に変えたときぐらい軽くなりました。(たとえになっていますか?)

機能面では何も変わっていないのでコレで走りがどうこうじゃないけれど、渋滞のときとか、クラッチが軽いと疲れませんよね。


ブレーキとクラッチ、両方ブレンボになったわけですが、どちらが効果が高いかと言われると、個人的にブレーキ側ですね。あのタッチは最高です。あまりにも楽しくてついついブレーキをかけたくなるほどです。




またこれでツーが楽しくなりそうです。




DSCF4285.jpg
スポンサーサイト




Posted at 14:09 | カスタム | COM(2) | TB(0) |
2010.12.08

★また買ってしまったのだ

今日家に帰ると、小生宛に荷物が届いていた。
DSCF4242.jpg
だいたい予想は付くのだが、期待をしながら開けていく。
DSCF4243.jpg
まだわからないですよね。






















テっケレケテ~
DSCF4244.jpg

ブレンボ クラッチマスターなのだ。

実は、、、カキオコツーの時に、将太郎さんのクラッチマスターをニギニギさせて頂き、無茶苦茶軽くて感動しました。あの軽さが忘れられず、ブレーキマスターに引き続き、クラッチマスターもポチッとしてしまったのです。


では、取り付けは後日いつものショップにお願いすることにします。
とりあえず、嬉しくてブログにしてみました。
付いたらまた報告します。



Posted at 20:30 | 寝言 | COM(2) | TB(0) |
2010.12.05

★もやもや解消

先週からずっと気になっていたことがありました。
それは、カキオコツーの際、NAVIの電源が入らなかったトラブルです。
その後も自然修復の気配はありません。まっ、何もしていないのですから当たり前ですけど。

そこで、本日修理を試みることにしました。

NAVIは正常ですから、電源供給に問題があるようです。とりあえず電源をいちからから全てたどりチェックをかけます。
DSCF4230.jpg
シガーライターケーブルをたどり、タンクを外して、コネクターをたどります。
すると、信じられない場所で半田付けが断線していました。あまりのショックで写真も撮れません。どこなのかはこれ以上聞かないで下さい。

しかし、原因がはっきりしたので、再度半田付けをすればいいわけですが、ココまでバラしたんだから、電源を新たな場所から取ることにします。

少し材料も必要なので、買い出しに行ってきました。
DSCF4232.jpg
駐車場もいっぱいで留める場所すらありません。
店内を散策すると、ほしいものがこんな値段であったりと、うかつに現金を持って行くと悪魔の誘惑に負けてしまいそうです。
材料を必要な分だけ購入し、
DSCF4233.jpg
こんなのも買ってしまいました。なんたって30%offですから。

そして家に帰り作業再開です。
DSCF4234.jpg
DSCF4235.jpg
こんなとこからこんなとこへカテーテル手術のように配線を施し、

DSCF4236.jpg
コチラからプラスを取ります。
DSCF4239.jpg
当然ヒューズもつけます。

DSCF4237.jpg
アースは、今までボディーアースを使用していましたが、ノイズ対策として、バッ直に変更しました。
後でチェックしましたが、ノイズは激減しております。

そうして、NAVIの動作チェックです。
DSCF4241.jpg

無事、作動いたしました。


その後、洗車をして本日は終了。
今の時期日が暮れるのが早いから、作業時間が少ししかありませんね。
油断してるとすぐ暗くなって作業ができません。

コレでもやもやがなくなり、スッキリしました。

あ、グリップですか?
そのうち、つけると思います。




2010.12.04

★牡蠣食べ放題に行ってきた。

DSCF4199.jpg

ご覧の通り、牡蠣の食べ放題です。
先週、日生のカキオコを食べてから、牡蠣のことが頭から離れません。牡蠣を腹一杯たらふく食べたあい。そこで、伊勢の浦村へ電話をして予約状況を聞くと、なんと今日なら空いているじゃないですか! ラッキーです。

早速、行きました。道中、渋滞もなくとてもスムーズ。
あっという間に現着です。
DSCF4195.jpg
いい感じでしょう。入り江の横で頂く焼きガキです。特に今日は天気にも恵まれて気持ちいいです。電話予約の際、海側の席をお願いしておいたのもよかったです。

私が到着したのが、10時50分ぐらい。開店が11時からで、私が一番乗りでした。
ココは昼の3時間しか営業されていないので、いつも予約がいっぱいなんです。

先に会計を済ませ、1時間食べ放題のスタートです。
DSCF4196.jpg
牡蠣はお兄さん達が一生懸命焼いてくれます。
そして焼き上がるとこの写真のように網の前に置いてくれるんです。
DSCF4197.jpg
それを私たちが取りに行くと行ったバイキング形式ですね。(ただし1回3個までね)
いっぱい牡蠣はあるのですが、お客が増えてくると焼くのが追いつきません。あっという間に焼き待ちの行列ができるんです。
DSCF4208.jpg
コレはコレで、焼きたてがいただけていいんですが、私が一番スタートだったんで、朝から焼いてくれていた牡蠣を独り占め出来ました。早く行く方がいいですよ。

では、食べ方レポートです。
コチラは飲み物、調味料、持ち込み自由です。まあ、飲み物はいいとして、
まずは、軍手は必需品です。焼きたての牡蠣を剥くのですから、熱いし痛いし左手だけでも軍手はいたします。

付いてある専用ナイフで殻を剥いて、食します。お味は、もう言うまでもありませんね。臭みも全くなく、ぷるんぷるんです。ちゅるんと頂いてまた殻剥きです。伊勢では的矢牡蠣がブランドですが、じつはコチラの浦村牡蠣も的矢に持ち込まれて滅菌処理をされると的矢牡蠣になるようです。そりゃ美味いはずだよね。
次から次へと自分でも信じられないくらい食べてしまいます。でもいくら美味しくても、ある程度食べると口が飽きてしまいますね。
そこで、登場するのが、持ち込み調味料です。
DSCF4198.jpg
奥左から、石切七味唐辛子、柚胡椒、自家製大蒜醤油、旭ポン酢、マヨネーズ。
手前左から、雪印バター、とろけるチーズ、カットレモンです。
用意周到の小生です。
それでは、本日の調味料ランキングの発表です。
ジャカジャ~ン、第3位
とろけるチーズ---実際とろけるところまでは行かないが、牡蠣とチーズがココまで相性がいいとは意外です。
ジャカジャ~ン、第2位
柚胡椒---ほんの少しで無茶うまです。我ながらHITですね。
そして、ジャカジャ~ン、第1位
マヨネーズ+大蒜醤油+七味唐辛子---牡蠣にたっぷりとつけていただくと、、、、デリ~~シャス。

調味料ではないですが、小生の一番は、そのままです。やはりコレが最高です。
DSCF4205.jpg

次回のチャレンジとしては、ケチャップ、案外イケそう。からし酢味噌、何となく。

です。どうぞ参考にして下さい。

おっと、出てくるのは焼きガキだけではないんですよ。
DSCF4200.jpg
DSCF4201.jpg
DSCF4203.jpg
上から、牡蠣のチーズのせピザ風、牡蠣ご飯、牡蠣汁。これだけが付いてきて、一人2,000円です。

牡蠣も小生一体いくら食べたんでしょうか?軽く50は超えていたと思います。その時の殻がこれです。
DSCF4209.jpg
家では、3個も食べるともういいって感じなんですが、ココでは桁が違いますね。
十分満足いたしました。ご馳走様です。

では、帰りましょう。
と素直に帰るわけないですよね。

寄り道は、定番ですが、コケコッコー共和国に行きました。
DSCF4211.jpg
とりあえずかる~く食事を頂くことに。
鶏焼き肉と、皮焼きと、有精卵の卵掛けご飯です。
DSCF4213.jpg
DSCF4214.jpg

もうお腹もぱんぱん状態なんで、帰ります。

んな訳もなく、天気がよかったんで青山高原にちらっと立ち寄りました。
DSCF4225.jpg
今日はバイクはほとんどいませんでした。何故でしょう??バイクどころか車も少なかったですね。

コレでホントに帰ります。

本日のおみやは
DSCF4229.jpg
コケコッコー共和国でもらった来年のカレンダーです。
無茶苦茶かわいいと思いません?ケッコーお気に入りです。







Posted at 21:16 | 寝言 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。