--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2010.03.20

★「ザ・コーヴ」ツー

アカデミー賞が発表され、ドキュメンタリー部門で、和歌山の太地町でのいるかの捕獲を隠し撮りした映画のことで、論議が飛び交っていますね。はじめに申しておきますが、私の所見はどちらでもありません。ただ珍しい物好きと言うだけです。

というわけで、いざ太地町へGO!!!

まずはいつもの儀式です。
DSCF3196.jpg

R168へと入り、パチリしました。ちょうど日が昇ってきたところなんで逆光気味かな。
DSCF3197.jpg

今日の天気予報は曇り。でもウインタージャケットを羽織っていてもこの辺りは寒かったです。気温は6℃!
ガマンできずこの辺りでひと休憩です。R168沿いは今サクラが8分咲きで綺麗でしたよ。
DSCF3200.jpg
↑何故かひずんでる~~。

次は熊野本宮前で本日の交通安全を祈願しつつパチリです。
最近パチリスポットがマンネリ化してきたなあ。
DSCF3201.jpg

まあ、前置きはそれぐらいにして、ついに太地町到着です。
DSCF3205.jpg
DSCF3203.jpg
DSCF3212.jpg
DSCF3215.jpg
DSCF3213.jpg
DSCF3203.jpg
DSCF3204.jpg



映画に出てきそうなコーヴ(入り江のことなんだって)で何カ所かパチリです。でも隠し撮りじゃないですよ。
DSCF3208.jpg
DSCF3207.jpg

この辺りをうろうろしていると、こんな館を発見!
DSCF3211.jpg
「落合博満野球記念館」だって。オラは野球には感心無いので、そのままスルーしてしまったけど、ちなみに入館料は2,000円也。さぞやすごい記念物とかあるんだろうな。

道ばたにこんな標識もありました。
DSCF3214.jpg

さて、これで目的達成ではないのだ。ココまで来たらせっかくなので食してみたくなるのが、珍しい物好きの本性なのだ。
まずは、太地漁港の前に、スーパーがあったので寄ってみた。
DSCF3210.jpg
やはり、売っていました。「イルカ肉」!では、早速購入です。
左に映っているのが、「イルカ肉」で、右が「鯨の赤身です」家に帰ってすき焼き風にして食べることにいたします。
DSCF3209.jpg

でもまだ食してはいない。太地で食べられるところを聞いて回ったがどうもわからない。
なので、前もって調べておいた勝浦にあるお店に行ってみた。
DSCF3217.jpg

するとメニューにお目当ての「イルカの刺身」が載ってある。これだけでは物足りないので、マグロ丼も一緒に注文。
ただ頂く前に、おばちゃんの説法を受けなくてはならないようだ。(オラのあとに入ってきたお客さんも同じ事を言われていたので間違いない)
その説法とは、
「このイルカは、ショーにでるバンドウイルカじゃないんですよ。スジイルカと言って、お腹にスジが入っている食用のイルカなんです。そのお腹の部分だけが食べられる非常に貴重なものですよ。勝浦ではココでしか扱っていません。映画の影響で問題になっているからいつ食べられなくなるかわからないから、今の内ですよ。」というもの。有り難く頂戴します。
DSCF3218.jpg
↑左から、マグロ丼。小鉢はマグロの時雨煮。そして、イルカの刺身です。
イルカを食した感じは、牛肉のようでした。同じほ乳類だからかな?でも、冷凍で出てきて、タマネギを添えて生姜醤油で頂いたので、コレは溶けると結構臭みがあるかも知れない?どちらにせよ、貴重な経験をさせて頂きました。

いただいたのはいいんですが、このままではちょっと気が引けたので、くじら供養碑にも訪れ、供養させて頂きました。
DSCF3216.jpg

コレでようやく目的が達成したので、あとは来た道を帰るだけ。
、、、、のつもりでしたが、山道はやはり寒い。そこで、十津川温泉からちょっと奥に入った、掛け流しの公衆浴場に寄ってみました。「つるつるの湯」と言います。アルカリ炭酸泉と訳わからない温泉です。
DSCF3220.jpg

ココにはこんな楽しげなアトラクションも備えてありました。
DSCF3221.jpg
お風呂場の風景です。
DSCF3222.jpg
見た目は、さびれていますが、窓を開ければ露天風呂気分だし、泉質も本当に気持ちいい。コレは最高です。おかげで此の後も気持ちよく走ることができました。

コレで本日のツーレポはおしまいです。自宅付近まで帰ってくると今度は汗ばむほど暑かったです。この温度差はなんなんだ???

本日の走行距離 382km
本日の燃費   17.2km/h












この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。